Menu

バスガイド

より安い料金

格安バスは、理由がありますがそれでも格安バスを選択するユーザーは多く見られています。特に学生さん向けの商品では格安は人気があり、利用客も年々増加しています。格安バスの特徴としては、夜間の時間帯に走行することや利用料金が安いことなどが挙げられます。利用者のニーズに合わせて選択することが出来ます。

座席

予約サイトで料金比較

格安バスを見つけるためには、バス料金を比較している一覧サイトを利用するとよいです。出発地を目的地を入力して検索するだけで、その区間を運行しているバス会社が複数見つかるため、その中から格安バスを見つけることができます。

バス

お得な予約方法

高速バス、夜行バスなど格安バスを予約するには、バス会社の公式WEBサイトから予約をするよりも複数の高速バス情報を取り扱う専門サイトから予約をしたほうが便利です。こだわりの検索方法や独自のサービスなどがあるのでお得です。

バス

国内旅行の強い味方

格安バスの申し込み方法は主にインターネットか電話になります。出発地と目的地を選び、路線を決めたらあとは支払い方法を決定するだけで簡単に申し込めるのがメリットです。出発の当日は時間に余裕を持って到着できるよう、事前準備をしっかり行いましょう。

男女

さらに安くなる

高速バスや夜行バスは、非常に格安な移動手段であるのですが、さらに格安バス料金にするためには複数のバス会社の料金を調べて最安値を比較するだけでなく割引制度を活用することです。往復割引や早期割引などがあります。

おすすめ記事一覧

バスガイド

より安い料金

格安バスは、理由がありますがそれでも格安バスを選択するユーザーは多く見られています。特に学生さん向けの商品では格安は人気があり、利用客も年々増加しています。格安バスの特徴としては、夜間の時間帯に走行することや利用料金が安いことなどが挙げられます。利用者のニーズに合わせて選択することが出来ます。

座席

予約サイトで料金比較

格安バスを見つけるためには、バス料金を比較している一覧サイトを利用するとよいです。出発地を目的地を入力して検索するだけで、その区間を運行しているバス会社が複数見つかるため、その中から格安バスを見つけることができます。

バス

お得な予約方法

高速バス、夜行バスなど格安バスを予約するには、バス会社の公式WEBサイトから予約をするよりも複数の高速バス情報を取り扱う専門サイトから予約をしたほうが便利です。こだわりの検索方法や独自のサービスなどがあるのでお得です。

種類や特徴について

バス

快適なバス移動が出来ます

格安バスの車内は、従来から普及している4列シートの車両に加えて、ハイデッカータイプの独立座席の3列シート・2階建て仕様のバスも増えています。このタイプの場合、多くは2階3列シート、そして1階は2列シートとなっています。従来タイプは、座席定員が50人に近い観光バス仕様となっており、定員が多い事でどのタイプよりも割安な料金設定です。3列シートは4列シートより割高であるものの、ゆとりある作り・就寝時のプライバシーが保証されており、トイレがほぼ設置されている点が特徴です。2階建て格安バスの1階部分は、付加料金を支払うグレードアップシートになっていて、個室や飛行機のビジネスクラスのような快適性があります。やや高めの運賃で乗れる格安バスのサービスは近年多角化が進んでいて、車内で快適に過ごすために設備を充実させている事業者が増えています。スマートフォンやパソコン利用者向けの無線ランや、充電コンセントを乗客全員が使えるような設備があって大変便利です。コンセントの種類は詳細が書かれていない事もあるので、充電が気になる場合は直接事業者に問い合わせておくと良いでしょう。格安バスは、長時間空気の入れ替えを行わない事で室内の湿度や乾燥を気にする方がいますが、最近では空気清浄機を採用している業者が増えています。喉のケアや肌の乾燥が気になる場合は、空気清浄機付き車両を利用すると快適に乗車出来るので有効活用する事をおすすめします。また、マスクや飲み物を持参するのも良いでしょう。